癌と免疫療法

そもそもガンとは?| 免疫細胞療法とは| ガン免疫療法4つの特長| ガンの治療法|

ガンの治療法

免疫細胞療法全身療法

免疫細胞療法には、特異的免疫細胞療法と非特異的免疫細胞療法があります。 特異的免疫細胞療法として樹状細胞療法、非特異的免疫細胞療法として活性化リンパ球(LAK)療法があります。 副作用のほとんどない癌治療法として 期待されていますが、経費と人手がかかることが 問題となっています。

手術局所療法

手術は、癌の病巣を直接身体から取り除くことができます。 主に初期の癌に有効で、進行した癌では、転移癌や微小な癌が残っている可能性があり、完全に取りのぞくことは困難です。 また、正常な部分(臓器)も一部とらなければならないこともあるので、それによる合併症がおきたり、生活の不自由が残ることがあります。

化学療法(抗癌剤)全身療法

化学療法は、化学物質(抗癌剤)を用いて癌細胞の分裂を抑え、癌細胞を破壊する治療法です。 抗癌剤には、癌細胞を死滅させるとともに、正常な細胞も傷害させてしまうという作用があります。 理想的な抗癌剤は癌細胞だけに作用して、正常な組織には作用しないという薬ですが、残念ながらそのような薬は現在のところ存在しません。

放射線・粒子線局所療法

放射線・粒子線は手術と同じく、癌とその周辺のみを治療する局所治療です。 手術と異なるところは、臓器を摘出する必要がないので、治療前と同じような生活をすることが可能な治療手段であることです。 近年、これらの技術は急速に進歩し、癌組織だけを照射し、周囲の正常組織にはできるだけ照射しないようにすることが可能になってきました。

ホルモン療法全身療法

ある種の癌では、癌細胞の発育にホルモンを必要とします。 そのホルモンと反対の作用をするホルモンを投与して、癌細胞の発育を阻止する治療法です。 治療の対象となる主な癌は、乳癌、子宮体部癌、前立腺癌、甲状腺癌、腎癌などです。

分子標的医薬全身療法

従来の抗癌剤の開発は、いかに癌細胞を殺傷するかに重点が置かれて開発されてきたため、 癌細胞と正常細胞を区別する力が乏しく、結果として多くの副作用が生じていました。 しかし、近年の分子生物学の進歩により、癌細胞だけが持つ特徴を分子レベルでとらえられるようになりました。 それを標的とした薬が、分子標的医薬です。

BRM療法全身療法

BRM 療法は免疫系をはじめとして、身体全体の働きを調節することにより、治療効果を得ようとする治療です。 つまり、癌を治そうとする患者さん自身のもつ力を手助けし、強めるものです。 この治療法は単独で行われるよりも、むしろ免疫能が低下してしまう手術や放射線、化学療法などと併用することで、その治療効果を期待します。

その他

* 血管新生抑制作用のある薬剤セレブレックス、サリドマイド等
* 温熱療法 温熱療法は、癌細胞が正常細胞と比べ熱に弱いという性質を利用した癌の治療法です。
* 食事・サプリメント