癌と免疫療法

そもそもガンとは?| 免疫細胞療法とは| ガン免疫療法4つの特長| ガンの治療法|

ガン免疫療法・4つの特長

▼ ガン細胞を攻撃し破裂させる、培養された活性化リンパ球(ムービー26sec:音量注意)
出典:NHKスペシャルより

自己活性化リンパ球療法の4つの特長について述べておきましょう。

  • 副作用がほとんどない
  • 延命効果が期待できる
  • 自覚症状(QOL)の改善がみられる
  • 他療法との相乗効果

(1) 副作用がほとんどない

自らのリンパ球を増殖して投与する訳ですから、 拒絶反応など、副作用の心配がほとんどありません。 だからどのような段階のガンであっても、 また、患者さんの体の衰弱が激しくても、長期にわたって 安心して使うことができます。また抗ガン剤や放射線療法 との併用効果についても研究されており、免疫力強化や 副作用の軽減などが報告されています。 患者さんにとって最大の利点です。

(2) 延命効果が見られる

現在、免疫療法を行っている患者さんの中には 末期ガンと呼ばれる段階の方が多くいます。 その半数以上は、体が弱りきっていたりガンの転移が広範囲に及んでいたりして、手術療法や放射線療法などの治療法を選択できません。 抗ガン剤などで、体を痛めつけるのではなく、なるべく癌を大きくしないことに主眼をおいた治療法になります。

(3) 自覚症状の改善が図れる

ガンが進行すると痛みや貧血など、患者さんにとって大変つらい自覚症状が現れますが、 免疫療法にはこうした苦痛をやわらげる作用があります。 自覚症状が改善されることで、たとえ体内にガンが残っていたとしても、 患者さんは通常の生活を送ることができるようになります。 食欲がなく体重の減少が見られるような症例でも、リンパ球投与後に食欲が戻り体重が増加するような効果が期待できます。

(4) 他の療法との相乗効果

手術後の再発予防のみならず、他の治療方法との併用による相乗効果が期待できます。 化学療法、放射線療法、さらには漢方療法、温熱療法などの様々な治療法との併用で効果を上げている症例があります。 他の療法による副作用の軽減といった効果も期待できます。